• ホーム
  • EDは男性なら誰しもなり得る恐れがある

EDは男性なら誰しもなり得る恐れがある

薬を飲む男性

ED(勃起障害)は、男性ならば誰がなってもおかしくない症状です。
十分な勃起ができなくなったり、維持出来ないので満足に性行為を行うことが出来なくなります。
この状態が少なくても3ヶ月以上続いていると、EDが疑われます。
通常ならば性的な興奮を受ければ勃起しますが、EDではそれが出来なくなります。
すると性行為への気持ちが萎えてしまい、自分に自信を失ってしまう原因になります。
原因として多いのは、神経や血管になんらかの障害があり、ペニスの海綿体に十分な血液が流れなくなることで起こるケースです。
このED改善のために役立つのが、ED治療薬です。
一番有名なのはバイアグラで、これはシルデナフィルという有効成分が勃起を阻害するホスホジエステラーゼ5という酵素の働きを抑えることで、陰茎周辺の血管が拡張され勃起しやすくなる薬です。
空腹時に服用することでより早く効果が得られやすく、その持続時間は約5時間となっています。
バイアグラはED治療をしているクリニックを受診すれば手に入るED治療薬です。
また通販では海外製のバイアグラが安く販売されています。
海外製といっても製造国で認可されているので違法性はなく、海外で一般流通しているバイアグラをネットの通販を利用して個人輸入する、といった形になります。
送料無料であることも多く、何よりクリニックへ行く診察代などがかからないので、通販の方が断然安く手に入ります。
バイアグラは通販で購入するのが賢い方法と言えます。

ED改善のために薬を使ってしまうと癖になってしまうのでは、という心配の声は多いですが、依存する危険性はほとんどありません。
ED治療薬の仕組みは、体内の血流を良くして血行障害を改善して、ED改善をはかるというものです。
依存性がある薬は脳神経に作用することが多いですが、ED治療薬はあくまでも血流改善薬なので、心配ありません。
精神的なストレスで起こるEDに対しても、薬を飲んだことの安心感から改善させる効果が現れることもあります。
また、ストレスによって血流が悪くなることもあるので、それを改善する意味でも、心因性のEDにも効果があると考えられています。
EDは男性ならば誰もがなりうる症状です。若いうちは比較的なりにくいですが、糖尿病や高血圧などの持病があると、EDが起こりやすくなります。
他人事だと思わずに注意しておきましょう。